出血があっても痛みはありません|歯内療法(根管治療)ウィキペディア

こんなケースでも抜かずに残せる

岡山県岡山市北区駅元町1-5F【岡山駅直結】

ネット予約・お問い合わせ

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

086-225-2020

出血があっても痛みはありません

投稿日:2021年2月2日

カテゴリ:院長ブログ

痛みは歯科治療の本質ではありません

多くの患者さんが、痛みがあるから、歯科医院にかかると思いますが、実は、「痛み」は歯科治療の本質ではありません。

歯科治療は、「咬合力(咬む力)」と「細菌感染(汚れ)」とコントロールすることにより、歯と口腔内の健康を保つために行います。根管治療は、この二つのうちの「細菌感染」のコントロールのために行います。

そのため、「痛み」を取るために根管治療を行うのではなく、「細菌感染」を取り除くために行うのです。

痛みを伴わない細菌感染なんて、ざらにあります。痛みにとらわれないでください。

 

根管からの出血・・・ 痛みはありません

ある患者さん。根管治療済みの左上の奥歯の詰め物が外れ、来院されました。

内部には虫歯もあり、細菌感染が疑われます。

虫歯を取り除いたところの写真です。左上に黒い部分がありますが、この根管に細菌感染が疑われます。この部分に、ニッケルチタンファイルを挿入すると・・・

内部からは、ドス黒いものと、大量の出血が起こりました。

これだけ、大量の出血がありながら、全く痛みはありませんでした。

このケースからわかります通り、これだけの出血が起きるケースでも、全く痛みがないケースはありますし、逆にこのようなケースの方が多いのです。

根管治療の本質は、「痛みの除去」ではありません。痛みに注力しすぎると、大変なことになります。

 

トップへ戻る