出血があっても痛みはありません|歯内療法(根管治療)ウィキペディア

こんなケースでも抜かずに残せる

東京都調布市菊野台3丁目36-2【柴崎駅5分】

ネット予約・お問い合わせ

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

042-485-7123

院長ブログの記事一覧

出血があっても痛みはありません

出血があっても痛みはありません

投稿日:2021年2月2日

カテゴリ:院長ブログ

痛みは歯科治療の本質ではありません 多くの患者さんが、痛みがあるから、歯科医院にかかると思いますが、実は、「痛み」は歯科治療の本質ではありません。 歯科治療は、「咬合力(咬む力)」と「細菌感染(汚れ)」とコントロールする […]

続きを読む

下顎第一大臼歯の遠心舌側根管をキレイにする

下顎第一大臼歯の遠心舌側根管をキレイにする

投稿日:2021年1月31日

カテゴリ:院長ブログ

下顎第一大臼歯の遠心舌側根管とは? 下顎第一大臼歯とは、「6歳臼歯」のことです。この歯には、様々な内部の構造があり、その特徴的なものが「遠心舌側根管」です。いわゆる4つ目の根管です。イメージが難しいとは思いますが、この歯 […]

続きを読む

親知らずの移植を検討するケース

親知らずの移植を検討するケース

投稿日:2021年1月28日

カテゴリ:院長ブログ

歯に穴あき抜歯に・・・ 患者さんは20歳代の女性。 左下の第二大臼歯の根管治療のために来院されました。 術前の状況です。 一部に深い歯周ポケットがありました。 根管治療を開始し、内部をマイクロスコープで確認すると・・・ […]

続きを読む

パーフォレーションが原因で抜歯になった下顎の奥歯

パーフォレーションが原因で抜歯になった下顎の奥歯

投稿日:2021年1月25日

カテゴリ:院長ブログ

深い歯周ポケットが・・・ 他院からの紹介で来院された20歳代の女性。 紹介理由は、右下の親知らずの手前、専門的に言うと「下顎左側第二大臼歯」に限局的な深い歯周ポケットがある、と言うことでした。 実際の歯です。 歯周ポケッ […]

続きを読む

下顎前歯の根管治療 

下顎前歯の根管治療 

投稿日:2021年1月22日

カテゴリ:院長ブログ 未分類

歯茎の腫れが治らない・・・ 患者さんは30歳代の女性。 主訴は「歯茎の腫れが治らない」とのことでした。 これが術前のレントゲン写真です。真ん中二本の根の先に黒い像があります。根の先の炎症「根尖性歯周炎」の疑いです。 診査 […]

続きを読む

右上犬歯と第一小臼歯の根管治療

右上犬歯と第一小臼歯の根管治療

投稿日:2021年1月21日

カテゴリ:院長ブログ

右上の問題で来院 患者さんは50歳代の女性でした。 右上の奥歯の問題で来院されました。 初診時のレントゲン写真です。右上の第一大臼歯の炎症が激しく、残念ながら、抜歯となりました。このなくなってしった部分をブリッジで補綴す […]

続きを読む

隔壁の作成

隔壁の作成

投稿日:2021年1月20日

カテゴリ:院長ブログ

隔壁とは 隔壁とは、虫歯でなくなった歯の部分に、人工的に作った歯の部分のことです。コンポジットレジンで作った人工の壁です。 隔壁は重要です。歯の部分がなくなると、ラバーダムができなくなるので、このラバーダムができる状況を […]

続きを読む

右上犬歯の根管治療

右上犬歯の根管治療

投稿日:2021年1月19日

カテゴリ:院長ブログ

右上の犬歯の部分の歯茎が腫れた 患者さんは50歳の女性。 右上の犬歯部分の歯茎が腫れてしまった、とのことで来院されました。 実際の歯茎が腫れているところの写真です。 これが、術前のレントゲン写真です。根の先に黒い大きな部 […]

続きを読む

歯茎の腫れの原因は細菌感染

歯茎の腫れの原因は細菌感染

投稿日:2021年1月18日

カテゴリ:院長ブログ

歯茎の腫れの原因は? もっともよく見られる主訴(一番気になっていること)の一つが「歯茎の腫れ」です。 この歯茎の腫れの原因とは何なのか?答えは「細菌感染」です。 この歯にこびり付いた細菌感染によって、身体が反応し、結果的 […]

続きを読む

診査診断の重要性

診査診断の重要性

投稿日:2021年1月17日

カテゴリ:院長ブログ

診査診断が最重要 多くの患者さんが受けている根管治療。マイクロスコープやニッケルチタンファイルなどのテクノロジー注目されがちであり、これは、患者さんだけではなく、歯科医師にも見られる傾向ですが、実は、このようなテクノロジ […]

続きを読む

1 2 >

トップへ戻る