下顎前歯の根管治療 |歯内療法(根管治療)ウィキペディア

こんなケースでも抜かずに残せる

岡山県岡山市北区駅元町1-5F【岡山駅直結】

ネット予約・お問い合わせ

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

086-225-2020

下顎前歯の根管治療 

投稿日:2021年1月22日

カテゴリ:院長ブログ 未分類

歯茎の腫れが治らない・・・

患者さんは30歳代の女性。

主訴は「歯茎の腫れが治らない」とのことでした。

これが術前のレントゲン写真です。真ん中二本の根の先に黒い像があります。根の先の炎症「根尖性歯周炎」の疑いです。

診査の結果、根管治療を行うことになりました。

 

根の内部にヒビが・・・

内部は激しく汚れていて、感染していました。その感染を取り除いて、内部を細かくみると・・・

根管の表面に日々のようなものがありました。おそらくヒビです。このような状況になると、今後、咬む力に耐えることができずに、抜歯になってしまうリスクがあります。

患者さんに状況を説明し、相談の結果、抜歯をせずに保存することになりました。

治療直後のレントゲン写真です。

術後2ヶ月のレントゲン写真です。根の先の炎症が小さくなっているのがわかると思います。この時点では、根管治療は成功しています。

しかしながら、今後、咬む力がかかると、上記の示したように、歯根に入り込んだヒビが大きくなり、問題が起きるかもしれません。

ここで大切なのは、私自身が患者さんにこのことを説明し、相談し、患者さんがこの事実を理解することです。

根管治療は、世界で一番うまい先生が行なったとしても、リスクの伴う治療です。このことを理解して、根管治療を受けてください。

 

トップへ戻る